ヒカキン鬼ごっこ非公開に。炎上した経緯とは?参加者は?リークしたのは誰?

エンタメ
スポンサーリンク

ヒカキン史上最大の企画である「ヒカキンおにごっこ 2022夏 – 逃げ切れたら全員に100万円」が非公開になりました。

今回はその経緯等を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ヒカキン鬼ごっこ非公開の報告

10月2日にヒカキンさんは 「ヒカキンおにごっこ 2022夏 – 逃げ切れたら全員に100万円【YouTuberオールスターズ】」を非公開にすると報告しました。

そもそもヒカキンおにごっことは?

「ヒカキン鬼ごっこ」とははじめしゃちょーをはじめ、20人以上の人気ユーチューバーが参加した大型企画の鬼ごっこです。1時間ヒカキンが率いるオニキン(鬼)から逃げ切ることができれば賞金として100万円を貰えることができるという企画です。

公開してから1日で再生回数が400万回突破するくらい注目度の高い企画でした。

参加者は誰?

この企画には大人気ユーチューバーが多く参加していました。参加していた人気ユーチューバの一部をまとめました。

  • はじめしゃちょー
  • Masuo
  • 瀬戸弘司
  • すしらーめんりく
  • フィッシャーズ(シルク、ンダホ)
  • スカイピース       など

このメンバーを見るととても豪華なメンバーだということがよくわかります。

この企画で400万再生回数が突破されるのも納得ですね。

なぜ非公開になったのか

不正を疑う声があった事が判明

非公開になるきっかけはまず鬼ごっこに不正があったのではないかという声があったということです。この不正とは一体何かというと、鬼ごっこで逃げ切った人を意図的に減らそうとしたのではないかということです。鬼ごっこで逃げ切った人を減らすことができればヒカキンが支払う金額を減らすことができますからね。

なぜこのような疑いの声が上がったのかというと、鬼ごっこの最中に説明のない時間調整が行われたからだそうです。

時間調整が行われた経緯とは

時間調整が行われたことは事実で、これは二つの理由から起きてしまったのだそうです。

・カメラマンの転倒

・参加者の体調不良

以上の対応を行なっている時間に鬼ごっこは継続していました。それにもかかわらず鬼ごっこをしていないという曖昧な時間が流れてしまったとのことです。

参加者と製作者の間に起きたすれ違いというミス

カメラマンの転倒や参加者の体調不良というアクシデントの対応により曖昧な時間が流れてしまったため、製作者は10分間の時間調整しました。

ヒカキンは参加者にこれらの経緯を伝えた上で時間の調整を行いたかったのだそうですが、実際には参加者に説明がなされないまま10分間の延長がなされてしまいました。

この事実を後日知ったヒカキンは参加者と製作者の間にすれ違いが起きたということで動画を非公開する決断をしました。

どのようにヒカキンはこの疑惑を知ったのか

これは人気ユーチューバーのヒカルとの共通の知人から連絡を受けたのだそうです。

その共通の知人を介してヒカルと連絡をとったヒカキンは鬼ごっこの疑惑を耳にしたとのこと。

共通の知人とは誰?不正があったと密告した人物は?

共通の知人は明かされていません。ヒカキンもヒカルも多くのクリエイターとコラボしていますしその関係者を含めると膨大な人数と関わりがあります。予想することも難しいですね。

リークしたのは誰かということも明かされていません。10月3日に公開されたヒカルの動画では以下のように述べていたそうです。

・多数のクリエイターからヤラセがあったという不満を聞いた

・クリエイターのスタッフがヤラセをリークしようとしていた。

・誰がリークしたのかは詮索しないで欲しい。

なので誰がリークしたのかなどを追求するのは控えましょう。

一連の事実が発覚してヒカキンは謝罪

ヒカキンがこの動画で言った内容としては以下の通りです。

・何の説明もないまま10分間鬼ごっこの延長があったら自分も不正を疑った。
・逃げ切る人を意図的に少なくする不正と言われても仕方のないミス。
・この企画の規模を甘くみていた主催者である僕の責任。

と事実を受け止め責任は自分にあると謝罪しました。

ここでもヒカキンの誠意が伝わってきますね。やはり日本一のユーチューバーは人間性も素敵だなと感じました。

まとめ

ヒカキン鬼ごっこでの炎上は不正があったのではないかというところから始まりましたが、意図的な不正があったわけではありませんでした。

動画でもヒカキンが悲しそうにしていることから動画を非公開にする事が残念だという気持ちが伝わってきました。

これからもぜひ動画を頑張ってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました